B型肝炎訴訟に挑む!専門の弁護士ならスムーズに訴訟を起こせる

B型肝炎訴訟って何?

B型肝炎訴訟は、子供の時に集団予防接種を受けた人の中で、注射器の連続使用が原因でB型肝炎に感染してしまった人たちが、国を相手に損害賠償を求めて起こす訴訟のことです。裁判で和解すると給付金をもらうことができます。

給付金の支払い対象になる条件

天秤と男性

B型肝炎ウイルスに持続感染している

一つ目の条件は、持続的にB型肝炎ウイルスに感染していることです。一過性の感染歴だけでは救済対象になりませんので、6ヶ月以上の期間を空けて、2回の血液検査を行ない、その結果で判断します。

満7歳になるまでに、集団予防接種を受けた

満7歳までに、集団予防接種を受けたことを証明する必要があります。平成18年の最高裁判決で、持続感染化するのは、免疫機能が未発達の幼少期にB型肝炎ウイルスに感染した場合であるとされたことに依拠しています。

母子感染ではないこと

母子感染ではないことを証明する必要もあります。母親の血液検査の結果で確認することができますが、亡くなっている場合には、年長の兄弟(兄・姉)の血液検査の結果が必要です。

感染原因が他に考えられない

予防接種以外の感染原因がないことも条件の一つです。B型肝炎ウイルスは、輸血による感染や、父親からの感染、性交渉による感染なども感染原因として考えられるため、そうした感染原因がないことも条件となります。

B型肝炎訴訟に挑む!専門の弁護士ならスムーズに訴訟を起こせる

聴診器

B型肝炎訴訟に強い弁護士を探そう

すべての弁護士がB型肝炎訴訟に精通しているわけではないので、B型肝炎訴訟に強い弁護士を探す必要があります。探し方としては、その弁護士のホームページで、B型肝炎訴訟の分野の実績や経験が大きく載せられているようであれば、B型肝炎訴訟に強い弁護士である可能性が高いと考えられます。単なる取り扱い案件の一つに挙げられている程度であれば、それほど精通していない可能性があるでしょう。

ジャッジガベル

B型肝炎訴訟を起こす際に必要な書類

B型肝炎ウイルスの持続的な感染者であることを示すために、血液検査の結果が必要になります。また、該当する期間に予防接種を受けていたことを証明するための母子手帳や、市区町村の予防接種台帳なども必要です。その他、母親の血液検査の結果や、感染原因が他にないことを示すための直近1年間の医療記録なども必要となっています。

広告募集中