相続税の申告は財産状況の把握が大切!相続問題は大阪の弁護士に相談

相続税の申告は財産状況の把握が大切!相続問題は大阪の弁護士に相談

電卓とお金

相続税の申告方法について

大阪で相続税の申告を行う場合、円滑に手続きを進めるために被相続人の所有していた財産の価値を把握しておきましょう。不動産や土地だけでなく、借金も含めて何を残しているのか確認するのが大事です。
遺言がない場合は次に遺産分割協議を行いますが、相続人全員が必ず参加する必要があるので注意しましょう。次に税務署に提出するために申告書をつくります。その後、納付する方法を決め財産の名義を変更する手続きをして、相続税の申告と納税を行うことで完了です。

スーツの人

相続人の優先順位

遺産相続の際は法定相続の順位が高い人から順に、相続していきます。まず第1順位となるのは被相続人の子どもです。複数子どもがいる場合は、頭割りで相続分を計算することになります。もし子どもがいない場合は親が法定相続人になり、親もいない場合は兄弟姉妹がなるのが特徴です。
基本的にはこのように法定相続人が決まりますが、遺言がある場合は相続割合の指定が可能です。遺言をしっかり残しておきたい場合は、大阪の相続税に詳しい事務所に相談しましょう。

ウーマン

相続放棄をした方が良いケースとは

相続放棄を検討した方がよいケースとして、借金の方が財産よりも多い場合が挙げられます。相続財産を利用しても借金を返済できないならば放棄したほうがよいです。被相続人が連帯保証人になっている場合も放棄を考えましょう。
相続放棄をするかは3ヶ月以内に決める必要があるので、迷ったら大阪の専門家に早めに相談することをおすすめします。また、相続人のうち何人かが相続を放棄しても、相続税の基礎控除額は変わらないことを覚えておきましょう。

広告募集中